幼稚園を選ぶ基準

認可・無認可の幼稚園

幼稚園選びをしている中で「無認可」と付いた幼稚園がある事に気が付いたことはないでしょうか。

 

無認可保育園は聞いた事があるでしょうが、実は幼稚園にも認可、無認可があるのです。

 

園児の年令や保育時間の違いなどもあり、保育園の認可に比べて認可の規定はゆるやかなようです。

 

文部科学省によって「幼稚園設定基準」というものが定められていますが、この基準とは例えば1クラスの園児は35人以下であったり、園内には必ず3クラス以上あること、といったようなゆるやかな基準です。

 

無認可の幼稚園でも地域によって多少の補助金が出る所もあるようですが、通常、無認可では出ないため、この補助金が出る出ないが認可か無認可の違いと言ってもよいのではないでしょうか。

 

幼稚園からすると運営の面から考えても認可されたいわけです。

 

ですが中には、あえて無認可でいる幼稚園もあり、その理由は何かというと「独自の教育理論で自由に保育する事ができる」といった所だそうです。

 

補助金が出ないということは、その幼稚園によっては各家庭の支払う保育料が高くなることもあるかもしれません。

 

そこが選びたい幼稚園でしたら見学会の日程や保育料などについて直接問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

また無認可の場合、正式には「幼稚園に類似した施設」という事になり、下記のような例があります。

 

北海道大学の付属乳幼児発達臨床センターがその研究のための幼稚園を運営しているのです。

 

一見普通の幼稚園と変わりはないように見えるのですが、無認可なので「幼児園」というそうです。

 

無認可の幼稚園を選択しようと考えている場合、おそらくその園独自の個性や理念のある保育方法に保護者が賛同されて選ぶことが多いでしょうから、選択方法として理想的ではありますが、まずは体験保育や見学会などへの参加をお勧めします。

認可・無認可の幼稚園関連エントリー


様々な幼稚園の特徴や選ぶ際の注意事項などを紹介しています

Copyright (C) 2010 失敗しない幼稚園選びガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

認可・無認可の幼稚園