幼稚園を選ぶ基準

幼稚園選び〜食育〜

幼稚園はその後の小学校から大学まで進学していく中で一番自由な教育がなされている場所ではないでしょうか。

 

幼稚園にはそれぞれ特徴があり、保育に宗教を取り入れている園、早期教育を重点的に行う園、子どもの意志・判断を第一に考えた自由保育の園など、幼稚園を選ぶ際保護者はそれぞれの特徴と家庭の考えに合う園を選ぶことができます。

 

幼稚園を選んでいて目に止まるのが「食育」を特徴とした園です。

 

食育基本法が2005年に制定され、知識や体育、道徳など全ての教育の基となるのが食育であるとされています。

 

1才までの乳幼児期の食事はお母さんとの絆を深める為の物であり、幼児期では「味覚」が自然と形成されていく時期と言われています。

 

この時期には、これから先の「食べず嫌い」や「好き嫌い」の原因となってしまう為、幼稚園での「食育」に重点を置くというわけです。

 

このように食育を特徴としている幼稚園を選択する保護者は、当然我が子の食に対する意識は高いことがう伺われます。

 

「食育」と言葉を聞くと硬い感じがするかもしれませんが、実際行われている食育とはどのようなものかを説明します。

 

・幼稚園が畑を持ち、その畑で野菜などを園児たちが育て、園内調理の給食でその野菜を使ったおかず等を出しみんなで食べる。

 

・季節ごとの伝統行事の際には、その行事にあわせた行事食を食べる事でその意味を知る。

 

・ご飯が炊ける香りや音を実際に体で感じ、それを皆で食べる。

 

・入園し給食に少し慣はじめたらフォークから箸に切り替える。

 

などを毎日の幼稚園の生活の中で体験していくわけです。

 

食育を特徴としている幼稚園では、ほとんどが園内に調理施設を持ち、添加物や残留農薬の食材の使用を慎重にしていたり、保護者への食育に関しても積極的であることが多いようです。

幼稚園選び〜食育〜関連エントリー


様々な幼稚園の特徴や選ぶ際の注意事項などを紹介しています

Copyright (C) 2010 失敗しない幼稚園選びガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

幼稚園選び〜食育〜