幼稚園を選ぶ基準

給食orお弁当で幼稚園を選ぶ

「幼稚園を選ぶ材料として給食サービスがあるかどうかで決める」と言っていた母親が居ましたが、そこまで極端な考えではなくとも給食のサービスを望んでいる母親はたくさん居るでしょう。

 

実際のところ、「毎日給食」の所と「給食とお弁当の混合型」の園を合わせると約7割の幼稚園が給食サービスがあります。

 

「給食」とひとことで言っても園内で調理した給食と、外注での給食があり、殆んどの場合がこの外注の給食で、子供向けの仕出し弁当のような感じと考えれば良いでしょう。

 

その給食の美味しさで言うと、あまり評判は良くない様で、内容は揚げ物が多いという意見もあります。

 

ただ、そういう意見や感想がある反面、違う見方をしてみましょう。

 

親がお弁当を作ると、残さないようにする為にもつい子供の好物ばかりを入れる様になってしまいがちですが、幼稚園での給食の場合は普段食べないようなひじきや魚なども食べられるので良いといった意見もあります。

 

確かに、給食の場合は園児みんなでで同じものを食べるという一体感から、苦手な物でも食べようという意欲が出てくるのかもしれません。

 

配膳の準備や後片付けなんかも園児が一緒に行うので、協力して働くことや衛生に関することも学ぶのに良い機会になるのではないでしょうか。

 

アレルギーのある子供の場合、お弁当持参の幼稚園を選ぶしかないと思っている方もいるようですが、アレルギー対応の除去食の給食を用意してくれる幼稚園もありますので、一度確認してみるとよいでしょう。

 

幼稚園を選ぶ時には給食かお弁当かで迷うこともあると思いますが、どちらの場合でもメリット・デメリットはあるので、各家庭の環境や条件を考慮して選択しましょう。

給食orお弁当で幼稚園を選ぶ関連エントリー


様々な幼稚園の特徴や選ぶ際の注意事項などを紹介しています

Copyright (C) 2010 失敗しない幼稚園選びガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

給食orお弁当で幼稚園を選ぶ