幼稚園を選ぶ基準

公立・私立で幼稚園を選ぶ

現在住んでいる自治体に公立の幼稚園がある場合は、公立にするのか私立にするのかという選択肢があります。

 

公立の幼稚園は、私立と比べると費用がかからなかったり、経験豊富な先生が多いといったメリットを挙げられますが、その幼稚園数は減っているようです。

 

今、行政として需要が高まっているのは幼稚園よりも保育園の方ですし、公立幼稚園の場合ほとんどが2年保育になるので3年保育を希望する親がたくさん居る点も、公立幼稚園減少の理由のようです。

 

また、その公立幼稚園の入園希望者が定員オーバーにまった場合どうなるのか等については、住んでいる自治体に問い合わせをしておきましょう。

 

ほとんどが2年保育の公立幼稚園を選んだ場合は、当然ですが一年間は入園が延びることになります。

 

その間は家庭で過ごす事になりますので、公立か私立のどちらを選ぶかは2年保育にするか3年保育にするかを選択するといってもよいでしょう。

 

その他の違いで全てが下記の通りではありませんが、このような傾向が強いといった事をいくつか紹介します。

 

・公立の場合は徒歩で通園する事が多く、私立は通園バスが多い。

 

・公立の場合はお弁当を持参する事が多く、私立では給食や、給食とお弁当の両方の所が多い。

 

・園での「お教室」に関しては公立は無く、私立では有ることが多い。

 

・延長保育を公立はやっていない場合が多く、私立は有る所が多い。

 

あくまで傾向であり園によっても違いますので園を選ぶ時の参考程度に捉えてください。

 

また、運動会や音楽会などの発表する行事への力の入れ方は、公立よりも私立の方が規模が大きく熱心だと思います。

公立・私立で幼稚園を選ぶ関連エントリー


様々な幼稚園の特徴や選ぶ際の注意事項などを紹介しています

Copyright (C) 2010 失敗しない幼稚園選びガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

公立・私立で幼稚園を選ぶ