幼稚園を選ぶ基準

幼稚園選び「シュタイナー教育」

「シュタイナー教育」とは、「モンテッソーリ教育」などと同様に注目されている教育方法のひとつです。

 

「シュタイナー教育」という言葉は幼稚園選びをしているとよく目にすると思いますが、住んでいる地域で通園ができる範囲の幼稚園の中に「シュタイナー教育」を示している園がある様ならば、一度見学に行き幼稚園選びの参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

「シュタイナー」というと早期教育だろうと思っている方がいるようですが、それは逆で幼児期の間は知的なことに目覚めさせたり触れさせたりせず、心を育てることにのみ励むべきという教育法です。

 

創始者は哲学家で思想家であるルドルフシュタイナーで、彼の提唱する「シュタイナー教育理念」を正確に言葉で説明するのはかなり難しいでしょう。

 

「モンテッソーリ教育」も同様に、独特の考え方や用語があります。

 

「シュタイナー教育」では人生を7年周期で区切って考え、幼児期は「模倣の時期」と言われており、子供自身が一人一人のペースで大人を模倣していく力を大切しているため、知的な指導は行いません。

 

また刺激的な光や音で子供を興奮させず、穏やかで静かな環境の中、自然素材で作られた玩具などを与えるのです。

 

例えば木製の玩具や、粘土やクレヨンはミツロウで出来た物を使い、布の人形ならシルクである等といった感じす。

 

規則正しい生活のリズムを繰り返すことも大切と言われており、それが子どもの精神を落ち着かせ、安定させる事で集中力を高めていくという考えです。

 

「シュタイナー教育」は色々な意見があるようですが、この教育方法に強く惹かれぜひ子供をこの幼稚園に入園させたいと思い選択する保護者の方がたくさん居る事も事実です。

 

シュタイナー幼稚園を選択の対象として考えているのならば、まずはその幼稚園の見学をしてみるとよいのではないでしょうか。

幼稚園選び「シュタイナー教育」関連エントリー


様々な幼稚園の特徴や選ぶ際の注意事項などを紹介しています

Copyright (C) 2010 失敗しない幼稚園選びガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

幼稚園選び「シュタイナー教育」