幼稚園を選ぶ基準

幼稚園を保育期間で選ぶ

幼稚園には、2年保育と3年保育という保育期間があり、どちらにするか迷っている方も多いのではないでしょうか。

 

公立幼稚園のほとんどが2年保育です。

 

傾向としては幼稚園を3年保育で選択する方が多くなっている様ですが、2年保育と3年保育を比較するとどういう風な違いがあるのかについて説明しましょう。

 

一般的に集団での生活は3歳になった頃から体験させても良いといった考え方があります。

 

3年保育では家に居ると経験できない様な社会性を身につける事ができます。

 

大きなメリットとしては同年齢のお友達ができるという楽しさもあるでしょう。

 

親の立場から考えると、子どもが幼稚園に居る間の時間を使う事が出来るようになるので、その分家事や自分の趣味、下の子との時間をたくさん作る事ができるので気分的にも楽になるのではないでしょうか。

 

下のお子さんからすると、お母さんに構ってもらえる時間が増えるので嬉しいということもあるでしょう。

 

しかし、同じ3歳でも個人差がありますから、まだ家庭の中で親や兄弟とゆっくりと一緒の時間を過ごしていく方がいい子も居るでしょうから、3歳だからといっても集団生活にすぐ馴染めるかどうかはわかりません。

 

また、幼稚園に通うという事は一年間の費用もたくさんかかります。

 

各家庭で親の仕事やその他の都合もあるでしょうから、費用はかかっても3年保育を選ぶという考え方の家庭もあります。

 

どちらが良いか迷った時は、子供の様子をみて、家の中だけではエネルギーを持て余していると感じたら3年保育が良いでしょうし、まだまだ親の傍にベッタリで離れないのであれば2年保育に選ぶ方法もあります。

 

その子の性格や成長具合、親の精神的な問題や仕事、兄弟や家族との関係、費用の事等を総合的に考えて判断するとよいでしょう。

幼稚園を保育期間で選ぶ関連エントリー


様々な幼稚園の特徴や選ぶ際の注意事項などを紹介しています

Copyright (C) 2010 失敗しない幼稚園選びガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

幼稚園を保育期間で選ぶ