幼稚園を選ぶ基準

幼稚園選び〜早期教育〜

1〜7歳をピークに人間の脳は成長するといわれています。

 

それならば幼稚園に通っている時期に脳に深く、そして広く刺激してあげることは大変意味のある事であるという考えから、幼稚園でも幼児の早期教育に熱心な所がたくさんありますし、そのような方針の幼稚園を選ぶ保護者が増えています。

 

幼稚園選びをしていると、確かに早期教育を取り入れている幼稚園は目を引き魅力的に感じるでしょう。

 

ここでは幼稚園で早期教育として行なわれているものをわかりやすく説明をします。

 

幼稚園を選ぶ際の参考にしてみてください。

 

【英会話の早期教育】

 

以前は中学になってから学んでいた英語が小学校教育に導入され、そういうこともあり幼稚園のうちに始めたいという考えが多くなってきたのではないでしょうか。

 

幼稚園で英語を取り入れる場合、一般的に「英語教育」という感じよりも「英会話」を音楽に合わせて身体で覚えるような遊び感覚で学ぶというのが多いようです。

 

アメリカ人等のネイティブスピーカーによる英会話の時間のある幼稚園が増えています。

 

【体育の早期教育】

 

今体育を教える家庭教師が増えている事からもの必要性が高まっている事がわかると思います。

 

子供をとりまく環境や社会事情から外遊びをする子供が減っていることや、小学生の体力低下が問題になっている事を考え、幼稚園でも体育を取り入れている所が増えているのです。

 

体育講師として、スポーツジムなどのインストラクターに出張の依頼したり、派遣の体育講師という場合もあります。

 

【音楽の早期教育】

 

園外から専門講師を招き、リトミック(身体を動かしてリズムと同調させリズム感や音楽センスを養う)、ソルフェージュ(楽譜を読める力をつける)・聴音(音を聴いて楽譜に書き取れる能力を身に付ける)などを学びます。

 

この他にも早期教育には色んなものがありますので、幼稚園を選ぶ時の選択材料の一つとして調べてみることをお薦めします。

幼稚園選び〜早期教育〜関連エントリー


様々な幼稚園の特徴や選ぶ際の注意事項などを紹介しています

Copyright (C) 2010 失敗しない幼稚園選びガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

幼稚園選び〜早期教育〜