幼稚園を選ぶ基準

小学校受験のための幼稚園受験

幼稚園受験には、ある小学校入学を目標としてその手前の付属の幼稚園を選び、受験する付属の幼稚園受験と、小学校受験をする為に入っておいたほうが有利な幼稚園を受験する場合とがあります。

 

入れたい小学校を選び、そこに付属する幼稚園が併設されている場合はそこを受験し小学校受験の必要が無く上がっていけるのですが、そのような付属幼稚園がない小学校受験の場合は、かなり難関となることを覚悟しておかなければいけません。

 

どちらの場合でも傾向と対策は当然つかんでおく必要があるのです。

 

幼稚園受験にもまた費用がかかるということも理解しておきましょう。

 

何に費用がかかるのかというと、大きいものでは「幼児教室」にかかり、あとは受験時に着ていく本人や両親の洋服代などです。

 

受験内容は、面接だけであったり、子供を自由に遊ばせて観察されたり等で、小学校受験に比べて簡単な内容な理由は、この年令の子供は早生まれや遅生まれで成長の差が大きすぎる為だからだそうです。

 

だから一番の問題は面接です。

 

保護者のみであったり子供だけとか、親子一緒や何組かの親子一緒など、面接の形態はさまざまなのですが、親の比重がとても高いと考えておいてください。

 

親への質問内容は、この園を選んだ理由や、子供の性格や健康状態、家庭の教育方針などが一般的でしょう。

 

子供の面接内容は、挨拶や名前、年令や好きな食べ物を聞かれたら答えるというのが一般的です。

 

そうする為には日頃から大人など大勢の中でも緊張しないような環境作りが大切です。

 

せっかく親が子供の将来を見据えて幼稚園選んでも、受験当日に緊張して泣いたりしてしまうと合格は難しくなるからです。

小学校受験のための幼稚園受験関連エントリー


様々な幼稚園の特徴や選ぶ際の注意事項などを紹介しています

Copyright (C) 2010 失敗しない幼稚園選びガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

小学校受験のための幼稚園受験